希望ワイン1000本が紫波町から寄贈いただきました。
2011年12月19日

16日、紫波町から、「希望ワイン」と名づけた第三セクター紫波フルーツパーク(社長・藤原孝町長)の自園自醸ワイン1000本を、寄贈していただきました。

贈呈式は、町役場で行われ、藤原町長が同団体の松田宰代表に手渡されました。
紫波町は、復興支援で寄せられた支援金一部を活用し、300ml入りのビンで、クレッシェンドのロゴ入り。マスカットベリーA(ロゼ・甘口)、メルロー(赤・辛口)を各500本づつ用意していただいています。

紫波のあたたかい気持ちを仮設住宅に届いきたいと願っています。
本当にありがとうございました!